光文化フォーラムの活動について Inter Light Forum Activities

光文化フォーラムの活動について
Inter Light Forum Activities

光は、人間の生活のあらゆる領域に深く根ざしています。
私たちは、現在の生活の中で、光なしでは暮らすことが出来ません。
また、光は、科学の領域から、宗教や哲学までに浸透する、限りなく幅広い存在でありながら、電気エネルギーの発明以来、<照明>という狭い技術的な分野の中に閉じこめられていました。 照明を、単なる技術という側面からとらえるのではなく、<光文化>としてより広く考えていくことを願って1991年に設立されたのが、<光文化フォーラム>です。
光を、学際的に、業際的にとらえて、様々な活動を行い、社会的な広がりの中で、光文化の向上と普及に努めています。

光文化フォーラム 代表 石井幹子

Lighting in Japan has long been discussed only in field of technology. It has now gained a new concept, and the role of lighting design has never been this broad. Beyond the limit of urban lighting, it is a field full of possibilities affecting many scenes of our everyday life. Concerning this, Inter Light Forum was established in 1991 to carry out academic and practical activities to develop and popularize culture of light.

Representative of Inter Light Forum, Motoko Ishii



《対談》 文化外交と光文化 -国際光年に向けて-

2014年10月2日

Dialog: October 2, 2015
Cultural diplomacy and light culture
—Moving toward the International Year of Light and Light-based Technologies —

門司 健次郎 <ユネスコ日本政府代表部特命全権大使>
Kenjiro Monji (Ambassador of Japan to UNESCO)
石井 幹子 <照明デザイナー>
Motoko Ishii (Lighting Designer)

ポップカルチャー外交
Pop Culture Diplomacy

光を通じた日本文化発信
Disseminating Japanese Culture through Light

国際光年に向けて
Moving toward the International Year of Light


スペシャルイベント

創エネ・あかり2015

創エネあかりパーク



《対談》 環境と照明 -あかりをかえれば未来がかわる

2013年12月4日

Dialog: December 4, 2013
The Environment and Lighting

北川 知克 <環境副大臣>
Tomokatsu Kitagawa (Senior Vice-Minister of the Environment)
石井 幹子 <照明デザイナー>
Motoko Ishii (Lighting Designer)

環境行政に関わって23年
23 Years of environmental administration

3.11以後の環境問題の課題
Post-3/11 environmental problems

照明の質的高度化による省エネ
Saving energy through higher quality lighting

「おもいやり」と「わかちあい」
Consideration and sharing

配慮がゆきとどいた照明
Considerate lighting

長いスパンで環境意識を高める
Raising environmental awareness over the long term



《対談》 サイエンスとアートのコラボレーション

2012年11月9日

Dialog: November 9, 2012
A Collaboration of Science and Art

安西 祐一郎 <独立行政法人日本学術振興会 理事長>
Yuichiro Anzai (Chairman of the Board of Directors, Japan Society for the Promotion of Science)
石井 幹子 <照明デザイナー>
Motoko Ishii (Lighting Designer)

楕円の二つの焦点
Two focal points of an ellipse

光と記憶
Developing science of light

光が神経にあたえる影響
Influence of light on nerves

光のアートをめぐる問題点
Problems related to light art

冷静な理性と情熱的な感性
Calm reasoning and passionate emotion



《対談》大災害と復興

2011年11月

Dialog: November, 2011
Major Disaster and Recovery

林田 博 <国土交通省 大臣官房 技術総括審議官>
Hiroshi Hayashida (Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism; Deputy Minister for Technical Affairs, Minister's Secretariat)
石井幹子<照明デザイナー>
Motoko Ishii (Lighting Designer)

すべての港湾が機能停止した
Damage caused by the Great East Japan Earthquake

津波に強い街をどうつくるか
How do you create an area that can withstand tsunamis?

港と仕事と暮らしが一体の街づくり
City planning for unification of port and daily life

「新しい公共」による地域づくりに向けて
Toward new community improvement


メゾン・エ・オブジェ・パリ 2014.9

パリ・ノール・ヴィルパント見本市会場にて、毎年1月と9月に開催される「メゾン・エ・オブジェ・パリ」も今年で20年目を迎え、9月5日~9日の5日間で延べ11万人もの来場者が訪れた。出展者数3445の内、53%はフランス国外からの出展となり、世界的に注目されている見本市であることが伺える。
今回のシーズントレンドは「シェアリング」。新しい用途や価値を共有し、クリエイティブな共有の力学が重要である、という概念のもと、それぞれの世界観を各々が感じ取る、といった展示であった。
同じホール7にある、石井幹子・石井リーサ明理両氏プロデュースによる「LIGHT TREND」では、光の最新トレンドが紹介された。美しい照明器具はもとより、室内空間での応用、調光や制御の技法、未来のテクノロジーなど、さまざまな展示が行われ、注目を集めていた。

Maison et Objet, Paris, a world-class trade fair staged annually in January and September at the Paris-Nord Villepinte Exhibition Center, celebrated its twentieth year. The September 2014 event, held over the five-day period from September 5-9, attracted 110,000 visitors. Among the 3445 exhibitors, 53% were from countries other than France, clearly demonstrating the trade-fair’s international standing.
The seasonal trend this time was “Sharing.” New applications and values should be shared, and the exhibition gave the feeling of a world perspective based on the concept that the dynamics of creative sharing are important. Light Trend, produced by Motoko Ishii and Akari-Lisa Ishii and exhibited in the same Hall #7, introduced the newest trends in light. The exhibit included beautiful light fittings, as well as interior space applications, light adjustment and control technology, and future technology, drawing the attention of visitors.


フランス-クリスマスの光2014

クリスマスシーズンは、一年の中で街が一番華やかさと輝きを増す季節である。世界中から大勢の観光客が訪れるフランスのパリ、リヨン、ストラスブールという、それぞれに趣の異なる三都市について、クリスマスの光について調査を行った。
パリは、シャンゼリゼ通りの樹木のイルミネーションが一新された。シャンパングラスをモチーフとして、発泡している様をLEDによる動きのある光で表現している。 リヨンは、毎年12月初旬に市を上げて「光の祭典」が開催され、12月8日に聖母マリアに感謝の光を窓辺に捧げる行事を起源とするこの祭典は、年々その規模を拡充している。
ストラスブールは、ドイツとの国境近くの街である。国内最古のクリスマスマーケットは、その屋台小屋の温かな電球色の光も殆どがLEDに転換されている。
最古のマーケットの光から最新のインタラクティブな光まで見てきたが、フランスの光の表現は多彩でまだまだ底が見えない。

Christmas is the season when towns glow the most brightly during the year. We examined the Christmas lighting in three French cities—Paris, Lyon and Strasbourg. Each has its own atmosphere and is visited by many tourists from around the world.
In Paris, illumination of the trees on the Champs Elysees was redone. LEDs dynamically express the feeling of foam in a champagne-glass motif.
In Lyon, the Festival of Light, held annually at the beginning of December, has its roots in the tradition of placing a light in the window on December 8 as an expression of gratitude to the Virgin Mary, and the festival is increasing in scale year by year.
Strasbourg is located near the border with Germany and is home to France’s oldest Christmas Market, where most of the warm incandescent-colored lighting for the stands and stalls has been converted to LEDs.








東京都渋谷区千駄ヶ谷5-4-11 〒151-0051
5-4-11 Sendagaya Shibuya-ku Tokyo 151-0051 JAPAN
e-mail:hikaribunka@inter-light-forum.gr.jp