光文化フォーラムの活動について Inter Light Forum Activities

光文化フォーラムの活動について
Inter Light Forum Activities

光は、人間の生活のあらゆる領域に深く根ざしています。
私たちは、現在の生活の中で、光なしでは暮らすことが出来ません。
また、光は、科学の領域から、宗教や哲学までに浸透する、限りなく幅広い存在でありながら、電気エネルギーの発明以来、<照明>という狭い技術的な分野の中に閉じこめられていました。 照明を、単なる技術という側面からとらえるのではなく、<光文化>としてより広く考えていくことを願って1991年に設立されたのが、<光文化フォーラム>です。
光を、学際的に、業際的にとらえて、様々な活動を行い、社会的な広がりの中で、光文化の向上と普及に努めています。

光文化フォーラム 代表 石井幹子

Lighting in Japan has long been discussed only in field of technology. It has now gained a new concept, and the role of lighting design has never been this broad. Beyond the limit of urban lighting, it is a field full of possibilities affecting many scenes of our everyday life. Concerning this, Inter Light Forum was established in 1991 to carry out academic and practical activities to develop and popularize culture of light.

Representative of Inter Light Forum, Motoko Ishii



《対談》 照明とエネルギーを暮らしの中から考える

2016年10月31日

Dialog: October 31, 2016
Thinking about lighting and energy in daily life

日下部聡<経済産業省 資源エネルギー庁 長官>
Satoshi Kusakabe (Commissioner, Agency for Natural Resources and Energy; Ministry of Economy, Trade and Industry)
石井 幹子 <照明デザイナー>
Motoko Ishii (Lighting Designer)

経済産業行政の経験から
Future stance of resource energy management

エネルギーの将来的課題
Future topics regarding energy

生活を変え仕事を変えることでエネルギーを変える
Changing energy by changing our daily lives and work

明かりの世界を共通言語にすると
If we made the lighting world a common language…



《対談》 国際文化交流と光文化-

2015年10月6日

Dialog: October 6, 2015
International Cultural Exchange and Light Culture —

安藤 裕康<独立行政法人 国際交流基金 理事長>
Hiroyasu Ando (Chairman, The Japan Foundation)
石井 幹子 <照明デザイナー>
Motoko Ishii (Lighting Designer)

「ジャパンイタリー」の経験から
My experience with the Japan-Italy event

アジア諸国との双方向的な交流
Interactive exchanges with other Asian countries

文化芸術の協同創造を
Collaborative creation of culture and art

日本語普及のボランティア派遣
Dispatch of volunteers to spread Japanese language



《対談》 文化外交と光文化 -国際光年に向けて-

2014年10月2日

Dialog: October 2, 2015
Cultural diplomacy and light culture
—Moving toward the International Year of Light and Light-based Technologies —

門司 健次郎 <ユネスコ日本政府代表部特命全権大使>
Kenjiro Monji (Ambassador of Japan to UNESCO)
石井 幹子 <照明デザイナー>
Motoko Ishii (Lighting Designer)

ポップカルチャー外交
Pop Culture Diplomacy

光を通じた日本文化発信
Disseminating Japanese Culture through Light

国際光年に向けて
Moving toward the International Year of Light


スペシャルイベント

創エネ・あかり2015

創エネあかりパーク



《対談》 環境と照明 -あかりをかえれば未来がかわる

2013年12月4日

Dialog: December 4, 2013
The Environment and Lighting

北川 知克 <環境副大臣>
Tomokatsu Kitagawa (Senior Vice-Minister of the Environment)
石井 幹子 <照明デザイナー>
Motoko Ishii (Lighting Designer)

環境行政に関わって23年
23 Years of environmental administration

3.11以後の環境問題の課題
Post-3/11 environmental problems

照明の質的高度化による省エネ
Saving energy through higher quality lighting

「おもいやり」と「わかちあい」
Consideration and sharing

配慮がゆきとどいた照明
Considerate lighting

長いスパンで環境意識を高める
Raising environmental awareness over the long term



《対談》 サイエンスとアートのコラボレーション

2012年11月9日

Dialog: November 9, 2012
A Collaboration of Science and Art

安西 祐一郎 <独立行政法人日本学術振興会 理事長>
Yuichiro Anzai (Chairman of the Board of Directors, Japan Society for the Promotion of Science)
石井 幹子 <照明デザイナー>
Motoko Ishii (Lighting Designer)

楕円の二つの焦点
Two focal points of an ellipse

光と記憶
Developing science of light

光が神経にあたえる影響
Influence of light on nerves

光のアートをめぐる問題点
Problems related to light art

冷静な理性と情熱的な感性
Calm reasoning and passionate emotion



《対談》大災害と復興

2011年11月

Dialog: November, 2011
Major Disaster and Recovery

林田 博 <国土交通省 大臣官房 技術総括審議官>
Hiroshi Hayashida (Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism; Deputy Minister for Technical Affairs, Minister's Secretariat)
石井幹子<照明デザイナー>
Motoko Ishii (Lighting Designer)

すべての港湾が機能停止した
Damage caused by the Great East Japan Earthquake

津波に強い街をどうつくるか
How do you create an area that can withstand tsunamis?

港と仕事と暮らしが一体の街づくり
City planning for unification of port and daily life

「新しい公共」による地域づくりに向けて
Toward new community improvement


メゾン・エ・オブジェ・パリ 2016年9月

世界屈指のインテリアと雑貨の見本市<Maison & Objetが2016年9月2日から6日、パリ近郊のヴィルパント見本市会場で開催された。 年に二回開催される同展は会期中、世界各国から4000人近いプレス関係者、8万人以上のバイヤー、専門家が訪れる。訪れる人はバイヤーだけにとどまらず、デザイナーやスタイリスト、トレンドセッターなど流行に敏感な人々も多く、彼らの興味を引くものがところ狭しと並んでいる。世界中から約3000社の多種多様な出展社が集い、展示内容についても、主催者の厳しい審査を通過した質の高いものだけが出展を許されることで知られている。
会場内にそれぞれ趣向を凝らしたものが並ぶ様子は、まるで巨大な美術館の中に迷い込んだような錯覚を覚える程である。
そのような中、過去3回の好評を受け、今年も石井リーサ明理と石井幹子が招待デザイナーとして引き続き指名を受け、光のテーマ展示を行った。
今回のテーマは<LIGHT TREND 2016 ― What's Lighting Design?と題し、光の最先端のトレンドを紹介する中で、照明器具のデザインにとどまらず、インテリア空間の中での光の活用方法、エコロジーの観点から光と環境との共生など、照明デザイナーの視点から光のすばらしさと可能性を異なる6つのアプローチで体験できるものであった。
例えば配光を制御することで効率よく、また効果的に光の演出を行えることや、心地良い光が人々の健康と深く関連していることなど、一般的にインテリアと直接関係性が無いように捉えられがちな照明デザインが実はインテリアデザインと密接に関係しており、大きく貢献できる可能性を秘めている、そのことをインテリア業界のトップランナーを始めとした多くの来場者に再認識させる内容ともなった。
会期中、大勢の観客とプレスが来場し最新技術を駆使した様々な光体験を通して光の素晴らしさや美しさ、また機能面や環境面での理解を深め、好評のうちに幕を降ろした。 2017年、パリでの<Maison & Objetは1月20日~24日、9月8日~12日の開催が予定されており、今後更なる光技術の進歩と発展が期待される。

Maison & Objet Paris—September 2016

The world’s greatest interior and miscellaneous goods trade fair, Maison & Objet, was held from September 2-6, 2016, at the Villepinte Exhibition Center in the suburbs of Paris. This exhibition, held twice a year was attended by about 4,000 members of the press, over 80,000 buyers, and experts from around the world during its run. As their exhibits received a very warm reception at the last three fairs, Motoko Ishii and Akari-Lisa Ishii again presented an exhibit on the theme of light as invited designers. The theme this time was “Light Trends 2016—What is Lighting Design?” introducing the latest trends in light. The presentation didn’t stop at design of lighting fixtures, but also covered methods of utilizing light in interior spaces and coexistence of light and environment, giving visitors the opportunity of experiencing the wonder of light and its possibilities from a lighting designer’s perspective.


世界タワー会議

エッフェル塔やエンパイヤーステートビルなど、世界で展望施設を運営するタワーやビルが加盟する世界タワー連盟の年次総会「世界タワー会議」が2016年9月26日~28日の3日間にわたり東京タワーメディアセンターで開催された。
世界タワー連盟(World Federation of Great Tower-WFGT)は1989年に設立され、本部はオーストラリア・メルボルンにあり、現在、22の国と地域から展望施設を運営する54のタワーや超高層建物が加盟している。
ドバイ・ブルジュ・ハリファ、トロントCNタワー、モスクワ・オスタンキノテレビタワー、上海・東方明珠電視塔、クアラルンプールタワー、タシュケントタワー、ベルリンテレビ塔、マカオタワー、シドニータワーなど 世界有数の建物をはじめ、日本からは東京タワーと函館の五稜郭タワーが加盟している。
「世界タワー会議」は、毎年1回行われ、昨年はアラブ首長国連邦・ドバイのブルジュ・ハリファで開催された。今年は東京タワーがホストを担当して、16の国と地域から30タワーの代表者が参加した。
「愛と平和と永遠」を願う特別ライトアップ
東京タワーは会議の開催を記念し、会議前日の9月25日夜に世界タワー連盟の英語略称「WFGT」の文字を高さ150mの大展望台に電光表示し、26日会議初日には、日本が東日本大震災に見舞われた際、世界のタワーが哀悼の意を表して日本の国旗、日の丸をイメージしたライトアップを点灯してくれたお礼と感謝の気持ちを込めて、「愛と平和と永遠」を願うライトアップ「世界タワー会議開催スペシャルダイヤモンドヴェール」を点灯した。当日18時からプリンス芝公園円形広場で点灯式が行われ、式には特別ライトアップをデザインした石井幹子はじめ、各国のタワー代表者達と日本の展望タワーが加盟する全日本タワー協議会(会長:前田伸・日本電波塔(株)代表取締役)の関係者が見守る中、特別ライトアップが披露された。
世界タワー会議では、ダニエル・トーマス事務局長の活動報告に始まり、ビジネスセッションでは、ギフトショップの営業、保安と対テロ対策、Eチケットについてなどタワー共通の問題や課題が討議された。また、ゲストスピーカーとして石井幹子が招かれ、東京タワーの照明デザインをはじめ、日本各地のライトアップや、海外での光イベント等多彩な作品を紹介し、参加者より好評を博した。
来年の世界タワー会議は、モスクワのオスタンキノテレビタワーで開催される。

World Tower Conference

The World Tower Conference, the annual meeting of the World Federation of Great Towers, an organization composed of towers and buildings such as the Eiffel Tower and the Empire State Building that manage observation facilities, was held for three days, from September 26-28, 2016, at the Tokyo Tower Media Center. The World Federation of Great Towers (WFGT) headquartered in Melbourne, Australia, was founded in 1989. At present, membership is made up of 54 towers and skyscrapers in 22 countries and regions that manage observation facilities. At the conference, Daniel Thomas, Executive Director presented a report on the organization’s activities. It was followed by a business session where common issues facing towers such as security and terrorism were discussed. Motoko Ishii was invited as a guest speaker and her talk on the lighting design for Tokyo Tower and introduction of several of her other projects was well received.









東京都渋谷区千駄ヶ谷5-4-11 〒151-0051
5-4-11 Sendagaya Shibuya-ku Tokyo 151-0051 JAPAN
e-mail:hikaribunka@inter-light-forum.gr.jp